間接クレジットの手順は易しいです。カードにおいてストレートに買う事ができない物品をストレートに買うというやり方ではなく商品券を経由して注文する方がより得策です。理屈が容易というわけでまずはじめにある商品券のたとえを採用して表現してみようと思います。モデルになる若者が高価な財布を手に入れたいと思案して立っています。持ちたい高価なカバンを販売しているショップだとクレジットカード使用で取引することが許されていません。ですがVISA、American Express、NICOSなどののギフト券を用いるなら購入を受け入れてくれるのです。ですからモデルになる男性はカードでギフト券を購入する事ができる金券ショップに訪れカードを使用してVISA、Diners clubなどの券を注文してみました。そのあと用いたクレジットを活用して注文したJCB、Diners clubなどのギフトカードをお店に所持して訪ね、買いたかった有名なバックを注文したとしましょう。「なんで金券でそれを購入した若者は例のような面倒な手法をする必要があるの?」と考えるのかもしれませんが、実をいうと上記で述べた技法を活用するのであれば本当だったら貯まる事はなかったクレジットポイントが貯まります。通常通り、お金を払う事で価値のあるバックを注文したとした場合カードローンポイントは得られませんしJCB、Diners clubなどのギフト券をキャッシュで取り寄せした後に使用してもクレジットポイントはもらえません。しかしながら今示した場合の時はJCB、Diners clubなどの商品券をクレジットカードで買い取りしたという根拠で、一流のコートを買った場合と等しい数のクレジットカードポイントが獲得できるようになるのです。こういう状態が直接的でなくクレジットを活用した事であるという理由で直接的でないクレジットと銘打たれているやり方です。