クレジットカードが不要になりつつある…そんな考えが浮かんだらクレジットの無効化(むこうか)です。わざわざ定義など不要だと思うがカードからの退会とは利用者が使っているまさにそのカードを再び買い物などで買うことの出来ない状況に戻してしまうことです。この記事の中で無用なカードの使用を取りやめる手順から無効化をする時の要点などを余すところなく書いていくことにします。これをわかってもらえば解約の疑問がきれいに忘れてくれることでしょう。正直に説明することになりますがクレジットを解約する方法は非常に簡単。「クレジットカードにいっぺん入ったら、したくても使用を中止するのは手間じゃないのか。」といったことや、「クレジット会社の使用不可能化の申請が億劫なんじゃないだろうか?」といった具合に思われる人も多いということだと聞いているが、調べてみればクレジットの機械読み取り側に表記されてある受付窓口に確認した後、クレジットの使用中止の意向を聞いてもらうのみで機能停止ができます(約3分くらいの申請で可能)。クレジットカードを登録する段階では億劫だったのに使用不可能化の手続きはただ一回の通話でいいの?などという風に驚愕して何も考えられなくなってしまうことだろう。本当に退会の事務手続きは容易なものなのでしょうか?間違いありません。クレジットカードの無効化の仕方はレアな場合を入れなければ無効化に際して専用の用紙もいらない上に執拗に粘られるようなこともない。完全にたった「所持している■■カードのサービスを無効化したいと考えておりますが・・・」といったように相手の受付に向けてしゃべることさえすれば十分です。実のところ、私の妻も過去に10枚を越えるほどのクレカを解約するためにオペレーターと話して参りましたが、ただの一回も使用中止に際してトラブルに陥ったような場合はあり得ないのですからこういった悩みについては一息ついて問題ありません。詳しい人から聞いた、誰かが実際に体験したという噂では解約を願い出ようとしたところ退会したい理由について質問される場合があったらしいのですが、しつこく追及されるのではなくアンケートに過ぎない質問だったらしく留意される面倒もまずないということです。もし事情を尋ねられたというケースがあったとしてもいつわりなく『使う理由がなくなったと感じたから』だとか『競合他社のクレジットサービスの方が魅力的に感じられるから』といった感想をしゃべれば問題ありません