ローン系カードがありますけれども、JCB等のクレジット系カードというようなものはどんな風に異なるのでしょう。所有してるマスター等のクレジット系カードでもキャッシングサービスできるシステムが付いています。突如手持ち資金といったものが要る場合には十分に助かります。ローンカードを所有する事でどのようなことが変わってくるのかをお願いします。ではご質問に回答していきたいと思います。まずはキャッシングカードであったりローンカードなどといったいくつかの名前が存在しますがどれもローン専門のカードで、ビザ等のクレジット系カードなどとは違う点です。クレジット系カードにもフリーローンできるシステムがくっついてるのがあるのでそう入用が無いかのように感じたりしますが利率であったり利用限度というのがVISA等のクレジット系カードといったようなものとははっきりと違っているのです。MASTER等のクレジット系カードなどの場合では借入の利用限度額が低水準になっているというのが一般的なのですがキャッシングカードの場合だと高くしてある場合といったものがあるのです。さらに金利といったものが低めに設定してあるというところも利点となっています。クレジット系カードですと借り入れ金利というものが高い水準の場合が一般的なのですけれども、ローンカードの場合かなり低く設定してあったりします。そのかわり総量規制などというもので誰でも契約出来るわけではなかったりします。年間所得の3割しか申込できないようになっているので、相応の収入といったようなものが存在しないといけません。それほどの年間所得の方が借金といったものを使用するかどうかはわかりませんがJCB等のクレジット系カードの場合ですとこのような利用限度額というものは用意されていないです。詰まるところローンカードとは、低金利で、高額のフリーローンというのが可能とされているカードなんです。ローンなどの運用頻度が高い方にはクレジットカードと別に作った方が良いカードという事になるかと思います。