クレカをショップにおいて決済する際にもれなく思ったことがおありではないかと察しますがレジの担当者が未熟なためどちらのレシートをお客さんのもとへ渡して良いのか迷うことがおありかと思います。といいますのも、クレジットを利用すると、レジ端末からは3枚1組の利用レシートというものが出力されるからで、それらのどの明細をカード利用者のもとへ差し出すのか判断できないということがあるのです。3枚の利用レシートの解説:複数の明細の正体とはとはどういうものなのかというのは、下記の通りです。1利用者に渡す用の利用明細。2お店の控え使用明細。3クレジットカード会社保管用利用レシート(署名をするレシート)。本来は利用者に渡すべき利用レシートの方を渡されるはずですが、時として別の明細をカード利用者の方に渡してしまう場合の他サインした使用レシートを渡してしまった大きなミスもあります。時間給の従業員であるとか、さほどクレジットが使われることのない店舗の会計でクレジットカードを提示するとそういった担当者の動揺を体験できることでしょう。仮に従業員が違う利用レシートを渡した時には冷静に「これじゃありませんよ」と一言教えてみてはいかがでしょうか。