クレジットカードを契約失効際のやりかたについては非常に簡便なのだが使用取りやめにする前に見ておきたいポイントについても覚えてしまえば、カードの使用取りやめについてもうまく終えることがたやすくなるでしょう。実際に注意する点を執筆整理致しました故ぜひとも参考にして下さい。クレジット発行を完了させた後すぐに無効化するという行為は危険→クレジットカード発行したあと時間を置かないですぐにそのクレジットカードを無効化してしまうと、申請を受け付けるべきでない人間として取り扱い会社にラベリングされてしまうという意図せぬことがないとも限りません(例えば何回にもわたって発行⇔契約失効するということをやってしまったというとき)。実際に成約時のプリペイドカードのプレゼント目当てのカード発行の際、プリペイドカードもしくはサービス・ポイントを始めとした加入特典を残らず回収したというような理由ですぐに解約がした方が良いと考えたくなってしまう考えも理解できます。とは言うもののクレジット会社サイドの思考法から考えれば迷惑な人間においては絶対自社ブランドの提供するクレジットカードをいいように利用されて余分な作業を増やしたくないなどというように利用者を切り捨てるくらいのことがあっても不自然ではありません。そのため、仮に入会時のサービス・ポイント以外に魅力を感じずにクレカをという代物を契約してみた時でも即契約失効行わずに半年、出来れば契約後1年の間は該当するクレジットカードを使用可能な状態にしておくように推奨したいと思います。もしくは作成時の限定特典のみに限らず申請して財布に入れてはみたのはいいが使うことがないのでなどという状況においても、少なくとも持ち始めてから半年経つ間はクレカを所持して欲しい。クレジットカードの使用者の方で考えるのとは裏腹にクレカという品物を事務作業等を含めて製作するときのマージンや手間は生じてしまうものですから、ほんのちょっぴりお詫びなどというように考えて下さることが出来ればお互い悪い気分にはならないのではないでしょうか