間接クレジットカード使用のやり方はたやすいです。カードを経由して直で取引できない販売物を直接払うという手法ではなく遠まわしに購入したらいいのです。解説が簡素という根拠によりまずはじめに商品券の実例を利用して示してみようと思っています。ある個人が一流の財布を購入したいとそれを見つめています。欲しがっている有名な銘柄の服を売っている場所では購入したくてもクレジットカードで払う事が無理です。一方MasterCard、Diners clubなどの金券を用いるなら購入を許可してくれるといいます。したがってモデルとなる人はカードでギフトカードを注文した後で金券を売っている店に出かけクレジットカードを利用してJCB、Diners clubなどのギフトカードを買い取りしてみました。そして駆使したクレジットを使用して購入したVISA、MasterCard、NICOSなどの金券を店に所持しておもむき、欲しかった素晴らしいカバンを注文したとしましょう。「どうして商品券で購入した人物はそのようなややこしい手法をする必要があるの?」と思われるのかもしれませんが、上記で述べた技法を利用すると普通つくことのなかったカードポイントがつきます。普通に、お金を使って価値のあるアクセサリーを購入したりした場合キャッシングポイントは貯まりませんしVISA、MasterCard、Diners clubなどの金券をお金で買い取り後に使用してもポイントは手に入れられません。でもこの場合の時はJCB、MasterCard、Diners clubなどのギフトカードをクレジットで取り寄せしたので、素晴らしいバックを取り寄せした場合と等しい量だけカードポイントがゲットできる事になります。こういう事例が直接的でなくローンを駆使した事になっているという根拠で直接的でないカードと言われる手順です。